生産性と生産効率 (Productivity and production efficiency)

 日本は生産性が低いと言われ、生産性向上が命題となってきている。

では、「生産性」とは何だろう?

 

生産性とは、インプットとアウトプットの比で、投入した資源(コスト)に対する出来高の比、どれだけ付加価値を生み出せたのかということである。一言で言えば、どれだけ儲けたかだ

 

よく似た言葉に、「生産効率」がある。

生産効率とは、どれだけ少ない人数と時間で多く生産できたかである。そして効率向上は、ムリ、ムダ、ムラをいかに減らすかが主な検討事項となる。生産効率を上げることは、生産性を上げることの一つの方法ではあるが、すべてではない。そこには付加価値という概念が含まれていない。

 

以前私が勤めていた会社でも、利益を上げるために生産性の向上に取り組み続けたが、うまくいかなかった。人と設備の稼働率を上げ、製造方法を工夫し、コストダウンにも取り組んだ。時間当たりの生産数は増え、生産リードタイムも短縮されたが、思ったように利益は向上しなかった。生産効率は向上したが、生産性は上がらず利益に結び付かなかったのだ。

今考えれば、製品を安く売り過ぎていたのか、それとも高く売ることができる(=付加価値の高い)製品を作れなかったのかのどちらか、あるいは両方だったのであろう。

 

生産性向上とは、いかにして少ないコストや労力で、多くの付加価値(儲け)を生み出すかである。格安品を大量に生産し薄利多売するより、少量生産であっても高級ブランド品を高値で販売する方が生産性は高くなることが多々ある。

 

 

English Translation

 

Japan is said to have low productivity, and productivity improvement has become a proposition.

 

So what is "productivity"?

 

Productivity is the ratio of input to output, the ratio of output to resources (cost), and how much added value has been created. In a word, it is how much profit has been made.

 

A similar word is "production efficiency."

 

Production efficiency is how much can be produced with fewer people and time. And the main consideration for improving efficiency is how to reduce strain, waste, and unevenness. Increasing production efficiency is one way to increase productivity, but it is not everything. It does not include the concept of added value.

 

At the company where I used to work, we continued to work on improving productivity to increase profits, but it did not work. We increased the operating rate of people and equipment, devised manufacturing methods, and worked on reducing costs. The number of production units per hour increased and the production lead time was shortened, but profits did not increase as expected. Production efficiency improved, but productivity did not increase, and this did not translate into profits.

Looking back, it seems that we were either selling their products too cheaply or we were not making products that could be sold at a higher price (= high added value), or both.

 

Improving productivity is about how to create as much added value (profit) with as little cost and effort as possible. It is often more productive to produce small quantities of luxury brand items and sell them at high prices, rather than producing large quantities of cheap goods and selling them at low profits.


伊勢志摩里海トライアスロン大会 (Ise-Shima Satoumi Triathlon)

 

7月7日の日曜日に、志摩市浜島町大矢浜をメイン会場として行われたトライアスロン大会に出場した。私にとって地元の大会で、ほぼ毎年参加している。

7月最初の日曜日に開催されるのが慣例になっている。まだ梅雨が明けていない時期なので、雨か猛暑のどちらかになる。今回は、超猛暑であった。

 

朝6時に到着して駐車場に車を止めた時は、それほど暑くなかったが、1時間もしないうちに急速に暑くなり、汗だらだら状態になった。スタートは10時、それまでにペットボトルの水を何本飲んだことやら。

 

気温37℃、海水温28℃、酷暑による危険回避のためにランの距離を3km短縮すると、主催者から発表があった。

スイム2km、バイク45kmは変更なし、ランのみ10km7kmに変更となった。

 

スイムを終え、トランジェッションエリアに、足に付いた砂を洗い流すために水をペットボトルに入れて用意しておいたのだが、完全にお湯になっており、足にかけると熱かった。

バイクでは、いつもは嫌いなトンネルの中が涼しくて気持ちいい。しかし、バイクにセットしてあったボトルの水はお湯になっていた。

ランでは、エイドステーションに用意されている水は冷えているので、飲んでも体にかけても超気持ちいい。個人的には3km短くなった分楽に感じた。

それやこれやで、無事にゴールした。

 

レース中、救急車が走るのを23回見た。後で聞くと、熱中症でリタイヤ続出だったとのこと。幸いにも口がきけない程の重傷者はいなかったらしい。

 

毎年、確実に暑くなってきているように思える。気候変動で気温が上昇しているのであろうか。

また来年も出場したいと思う。コールする時は、本当に気持ちいい。

 

 

English Translation

 

On Sunday, July 7th, I participated in a triathlon held at Oyahama in Hamajima-cho, Shima City. It's a local event for me, and I participate almost every year.

 

It's customary to hold it on the first Sunday of July. It's still early rainy season, so it's either rain or scorching hot. This time, it was extremely hot.

 

It wasn't that hot when I arrived at 6am and parked my car, but it got hotter and hotter within an hour, and I was drenched in sweat. The start was at 10am, and I must have drunk a few bottles of water before then.

 

The temperature was 37, the sea water temperature was 28, and the organizers announced that the run distance would be shortened by 3km to avoid danger due to the intense heat.

 

The 2km swim and 45km bike races remained unchanged, but the 10km run was changed to 7km.

 

After the swim, I had prepared water in a plastic bottle at the transition area to wash off the sand on my feet, but it was completely hot and it was hot when I poured it on my feet.

 

On the bike, it was cool and refreshing in the tunnel, which I usually hate. However, the water in the bottle set on the bike was hot.

 

On the run, the water prepared at the aid station was cold, so it felt great to drink and pour on my body. Personally, it felt easier because it was 3km shorter.

 

After all that, I finished the race safely.

 

During the race, I saw ambulances driving by two or three times. I heard later that many people had dropped out due to heat stroke. Fortunately, no one was seriously injured and could not speak.

 

It seems to be getting hotter every year. Maybe the temperature is rising due to climate change.

 

I would like to participate again next year. It feels really good when I call out.

アイデアノートを携帯しよう (Carry your idea notebook with you)

 

私は外出する時、罫線のないノートを持ち歩いている。バッグや車の中などに合わせて、大きさはまちまちだが、共通するのは罫線がないこと。一般的には、スケッチブックやクロッキー帳とよばれるものだ。

 

それらのノートを持ち歩くのは、美術のデッサンや絵を描くためではなく、思いついたアイデアを忘れずに書き留めておくためである。

何のアイデアか? 何でもいいのだ、ジャンルは問わない。とにかく、忘れてしまわないうちに、思いついたこと、閃いたことを書き留めておく。図でも、記号でも、文字でも構わない。とにかく、その場で思いついたことを書き留めておくのだ。

 

閃いたことは、その場で記録しておかないと忘れてしまうことが多い。ノートを持ち歩くまでの頃には、そんなことがよくあった。

 

何年か前に大変役に立ったことがあった。

ある顧客から仕様について面倒な要求を受けた。ソフト設定すれば簡単な内容なのだが、ソフトが立ち上がっていない状態で、その動作をさせてほしいとのことだった。その動作は、装置の本質的な動作に関わらないので、そんなに費用をかけるわけにはいかない。何日も考えていたが、良い案が浮かばなかった。

そんなある日、休日で遊びに行った帰りの電車の中、景色を眺めているとき、突然閃いた。何がきっかけだったのかは不明だったが、閃いた内容を記録した。

翌週、会社でそれを見返して見たところ、いくつかの間違いはあったが、基本的には使える案だった。

閃きを記録するのは、たった数分のことだったが、それが大いに役立った。

 

何かを思いついたら、すぐに記録して忘れないようにする。記録媒体としては、スマホでもよいが、思いついた時点では内容が整理されていないことを考慮すると白紙のスケッチブックのようなものが適していると思う。ノートの方が記録の自由度が高いからだ。

 

 

English Translation

 

When I go out, I carry a notebook without lines. They come in all different sizes to fit in my bag or car, but they all have no lines. They are generally called sketchbooks or croquis books.

 

I carry these notebooks not to draw or paint fine arts, but to write down ideas that come to me so I don't forget them.

 

What kind of ideas? It doesn't matter what kind of genre it is. I just write down any ideas that come to me before I forget them. It can be a diagram, a symbol, or even a letter. I just write down whatever comes to my mind then and there.

 

If I don't record what I have in mind at the time, I often forget it. This happened a lot before I started carrying a notebook.

 

A few years ago, something that was very useful to me.

A customer made a complicated request about the specifications. It was easy to do once I set up the software, but they wanted it to work without the software running. Since that operation is not related to the essential operation of the device, I can't afford to spend so much money on it. I thought about it for days, but couldn't come up with a good idea.

Then one day, while admiring the scenery on the train on my way home from a day off, I suddenly had an idea. I don't know what triggered it, but I wrote down what came to mind.

When I looked back at it the following week at work, there were a few mistakes, but it was basically a usable idea.

It only took a few minutes to write down my idea, but it was very helpful.

 

When you come up with an idea, write it down immediately so you don't forget. A smartphone is fine as a recording medium, but considering that the content will not be organized when you come up with an idea, I think something like a blank sketchbook is more suitable. This is because a notebook allows you more freedom to record things.

英訳の追加 (Added English translation)

 

本ブログの累積閲覧データ「閲覧数ランキング上位の国」を見て、ちょっと驚いた。

 

過去6か月においては、上位から

   日本     :31 %

   アメリカ合衆国:18 %

   シンガポール :15 %

   韓国     :10 %

   ドイツ    : 4 %

   インドネシア : 2 %

   インド    : 2 %

   カナダ    : 2 %

   イギリス   : 1 %

   その他    :14 %

   

過去3か月においては、

   アメリカ合衆国:22 %

   シンガポール :18 %

   韓国     :13 %

   日本     : 7 %

   ドイツ    : 5 %

   カナダ    : 2 %

   オランダ   : 2 %

   イギリス   : 2 %

   インド    : 2 %

   その他    :27 %

となっている。

 

日本国内で読まれることだけを想定しており、もちろん日本語でしか書いていない。海外で日本語のわかる人が読んでくれたのだろうか、それとも海外にいる日本人が読んでくれたのだろうか。

なぜ、閲覧比率が海外の方が高いのだろうか。このブログは日本で人気が低いのだろうか、それともグローバルに人気があるのだろうか。

 

とりあえず、試験的に英訳版を追加してみることにした。

 

 

English Translation

 

I was a bit surprised when I looked at the cumulative view data for this blog, "Top Countries in View Ranking."

 

In the past 6 months, from the top, it was:

Japan: 31%

United States: 18%

Singapore: 15%

Korea: 10%

Germany: 4%

Indonesia: 2%

India: 2%

Canada: 2%

UK: 1%

Other: 14%

 

In the past 3 months, it was:

United States: 22%

Singapore: 18%

Korea: 13%

Japan: 7%

Germany: 5%

Canada: 2%

Netherlands: 2%

UK: 2%

India: 2%

Other: 27%

 

It is intended to be read only in Japan, and of course it is written only in Japanese. Was it read by people overseas who understand Japanese, or by Japanese people living overseas?

Why is the viewer ratio higher overseas? Is this blog unpopular in Japan, or is it popular globally?

 

For now, I've decided to experimentally add an English translation.

無頓着と奴隷

 

物価の上昇もあり、現在では給与について皆が敏感になってきている。

しかし過去には、雑談をしていたらこんなことを言った人がいた。「給料が増えても、小遣い変わらないからなあ・・・」

 

聞いてみると、彼は給料を全額家に入れ(=奥さんに渡し)、そこから自分の使うお金を小遣いとしてもらっているとのことだった。家に入れたお金の使い道(家計)は知らない、給与明細もきちんと見ていないと言っていた。

 

給料を家計に繋げ、自分の小遣いを得るには、3種類の方法がある。

1つ目は、彼のように全額を家に入れ、その中から一定の小遣いをもらう方法。給料の増減に家計は影響を受けるが、小遣いは変わらない。

2つ目は、家に必要な一定額を入れ、残りを自分の小遣いに充てる方法。給料の増減に家計は影響されないが、小遣いにはもろに反映される。

3つ目は、全てを自分で管理し、包括的に家計と小遣いの割合を決める方法である。

 

いづれにしても、自分の稼いだお金の詳細やその使われ方を知らないというのは、どうなのだろうか。自分の生み出した価値(=給与)を自分で把握できず。管理もしない。無頓着さによる「奴隷」ではないだろうか。

家計の細かい管理までする必要はないが、自分の給料と家計の関連について概要は理解しておく必要があると思う。それが働く意欲にも繋がる。

試験データの流用

 

自動車メーカーによる型式指定の不正申請が相次いで発覚している。一言でいえば、正規の手順に乗っ取らない数値データを申請用の試験結果として提出したということだ。

複数の企業が行っていたということは、一社だけの問題ではなく業界としての問題が潜んでいると考えるべきであろう。

 

では、自動車業界だけの問題だろうか。

法律違反になったわけではないが、私にもデータの流用をした経験がある。ただ。これは他に考え付く方法がなかった。カスタム設計の一品物のデータを納品後に提出要求を受けた。事前にそんなデータ提出の要望はなく、法律的にもそんな規定はないものであった。

それは無理と返答したのだが、何とか形だけでも整えてほしいと言われ、先方の了解を得て、類似品のデータを提出したことがあった。

 

通常。少量製作のカスタム品は、法律的な規制がなければ、発注側からの依頼がない限り、特別な試験は行わない。社内ルールに乗っ取った試験を行ってOKとする。され以外の試験や検査が必要であれば、事前に伝えられていなければならない。時間も費用も余分にかかる。試験内容によっては、試験装置を手配したり、外部に委託したりする必要が生じる。

つまり、要求がないのにこれらをすると、納期に間に合わず、コストが膨れ上がるという問題が発生するのだ。

 

法律的な問題はなく先方の了承を得て行ったこととはいえ、何となく釈然としない気分だったのを覚えている。

オーバースペック

 

「良いモノを作る、出来る限り良いモノを、良いモノであれば買ってもらえる(売れる)。」

ずっと言われ続けてきたことだ。「良いモノを作る、出来る限り良いモノを作る」は道義的には正しい。しかし、「良いモノであれば買ってもらえる」かどうかは別だ。その良さに値する対価で買ってもらえるかは別の話になる。

 

発注を受けて、設計・製造し納品した時、「ここまですばらしいモノを作ってもらえるとは」と感謝されることもある。しかし、支払になると、当初予定していた予算内での支払しかしてもらえない。要求されたスペック以上の部分については、支払はされない

言い換えれば、要求を超えるスペックのモノを作ったのは、受注製造した会社の勝手であり、それに対しての支払いはしない、ということだ。ビジネスの論理からすれば、真っ当な話である。

といって、元の要求内容にスペックダウンをすることは受け入れてもらえない。

 

結局、「いやいや、気に入っていただければそれで結構です。赤字にならなければいいですから。」とかなんとか言って、利益のほとんど出ない製品を生産し納品し続けることになる。

 

良いモノを作ることは大事だが、それによる価格アップの承諾を得ずにオーバースペックのモノを作ってしまうのは避けなければならない。感謝はされても、支払はされない。

最新の投稿記事

生産性と生産効率 (Productivity and production efficiency)

 日本は生産性が低いと言われ、生産性向上が命題となってきている。 では、「生産性」とは何だろう?   生産性とは、インプットとアウトプットの比で、投入した資源(コスト)に対する出来高の比、どれだけ 付加価値 を生み出せたのかということである。一言で言えば、 どれだけ儲...